礼拝堂の十字架わたしたちの教会は 日本バプテスト連盟に加盟しているプロテスタントのキリスト教会です。東京都世田谷区下馬の地で、いづみ幼稚園と共に設立50年余の歴史を重ねています。

  • いづみ幼稚園開設1949年
  • 泉バプテスト教会設立1959年

日曜日の礼拝は、いづみ幼稚園2階保育室が礼拝堂となります。いわば教会の中の幼稚園、幼稚園の中の教会です。ぜひ、お気軽にお越しください!

毎週、午前10:30から11:30まで礼拝を行なっています。赤ちゃんから年長者まで(犬まで!)参加する礼拝です。だれでも大歓迎です。

礼拝後の30分、お茶の交わりもしています。こちらも自由にご参加ください。

なお、礼拝前の9:40から10:10までの30分間、聖書を楽しく学ぶ集まりをもっています。聖書に興味のある方はこちらもご自由にお越しください。

牧師 城倉啓(じょうくら けい)

Q&A よくあるご質問から

バプテスト教会とは

バプテスト(Baptist)とは、宗教改革運動の中で現れたプロテスタントの一派です。起源は17世紀初頭のオランダとイギリスで、その名前は、全身を水に浸す形の洗礼―バプテスマ(浸礼)―を重んじるところから来ています。ノーベル平和賞を受賞したM.L.キング牧師やジミー・カーター元大統領もバプテストです。日本においては1889年、米国南部バプテストの二組の宣教師の到来によって伝道が開始され、各地に教会が生まれました。泉バプテスト教会が加盟する日本バプテスト連盟は1947年に16教会で発足、現在は全日本に約300の教会・伝道所が加盟しています。

関連団体として福岡の西南学院や北九州の西南女学院、京都の日本バプテスト病院、伊豆の天城山荘(キリスト教研修会施設)、重度心身障害者施設・久山療育園(福岡)などを抱え、伝道活動以外に教育、医療、福祉などのさまざまな活動を通して神と人に仕えています。また、日本バプテスト連盟はシンガポール、ルワンダ(アフリカ)に宣教師や国際ミッション・ボランティアを送っています。

礼拝について

教会は毎週日曜日に礼拝をする信仰共同体です。この礼拝にはすべての人が招かれています。信者以外の方も大歓迎です。全年齢層で一つの礼拝を行っていますので、みなさんでお越しください。

礼拝は次のようなプログラムで行われます。全体で約1時間ほどの内容です。共に讃美歌を歌い、聖書とその解説を聞き、祈る時間です。

①前奏 ②招きの聖句 ③会衆賛美 ④始めの祈り ⑤主の祈り ⑥共同体の時 ⑦説教の聖句 ⑧こども聖句 ⑨こども説教 ⑩会衆賛美 ⑪説教 ⑫会衆賛美 ⑬主の晩餐式(パンと葡萄酒の分かち合い・会衆賛美・献金・応答の祈り) ⑭会衆賛美 ⑮祝福と派遣の聖句 ⑯後奏

主の晩餐式について

当教会の礼拝の中では毎週「主の晩餐式」という「パンと葡萄酒を分かち合い口にする儀式」を行います。この儀式の意味については下記の趣旨説明文を参考にしてください。

主の晩餐式 趣旨説明文

献金について

当教会では、「主の晩餐式」の中で献金をします。献金とは、神さまからキリストのいのちをいただいたという恵みや、神さまからいただく日々の恵みに感謝して、神さまの愛への応答として自由意思で献げるものですので、ご準備のない方や趣旨がよく理解できない方は献金なさらなくてもかまいません。

コメントを残す